フェーズフリーとは

「日常時」と「非常時」という2つのフェーズをフリーにする
『フェーズフリー』な社会の実現を目指して

フェーズフリーとは

「備える」ことは難しい。でも大切な人を、絶対に守りたい。

世界でも有数の災害大国である日本。防災意識は高まっていますが、現在も災害は繰り返されます。 「何をどのくらい備えればいいの?」「防災って難しい・・・」という声も、いまだ多く聞かれます。 「大切な人を、絶対に守りたい」この想いを形にするため、『フェーズフリー』は生まれました。

日常時と非常時という2つのフェーズをフリーにする『フェーズフリー』

身のまわりにあるモノやサービスを、日常時はもちろん、非常時にも役立てることができるという考え方、それが『フェーズフリー』です。

防災用品のほとんどは、ふだんはしまっていて、非常時のみに取り出して使うものです。
フェーズフリー品はちがいます。フェーズフリー品は日常時のいつもの生活で便利に活用できるのはもちろん、 非常時のもしもの際にも役立つ商品・サービス・アイデアです。

「フェーズフリーな社会」を目指して

『フェーズフリー』な商品・サービス・アイデアは、日常時も非常時も役立てることができます。 それはつまり、私たちの生活のあらゆるシーンが快適になるということ。
フェーズフリー協会は、『フェーズフリー』への理解・認知の促進、マーケットの創造や社会への浸透・定着を支えることで、 安心で安全な社会の実現を目指します。

フェーズフリーについて詳しくは フェーズフリーコンセプトサイト をご覧ください。