よくある質問/ Faq

フェーズフリーとフェーズフリー協会について

フェーズフリーとは、防災に関わる新しい概念です。詳しくは [フェーズフリー コンセプトサイト] をご覧ください。
フェーズフリーという用語を用いる(または名乗る)には、以下の3つの方法があります。
  1. 一般用語として用いる。
  2. 特に手続き等は必要なく、学会・行政、民間企業・団体・メディアなどでも、あくまでも一般用語として使われています。
  3. フェーズフリーアクションパートナーに登録し、フェーズフリーへの賛同表明と共に使用する。
  4. 詳しくは [フェーズフリーアクションパートナー WEBサイト] をご覧ください。
  5. フェーズフリー認証を取得し、フェーズフリーな商品・サービス等としてフェーズフリーを伝える。
  6. この場合には「フェーズフリー認証商品」と名乗っていただくことができます。
    詳しくは [フェーズフリー認証 WEBサイト] をご覧ください。
フェーズフリー協会は、フェーズフリーな社会の実現を目指して、様々なサービスを提供するための団体です。詳しくは [フェーズフリー協会 WEBサイト] をご参照ください。

フェーズフリーアクションパートナーについて

フェーズフリーアクションパートナーマーク(APマーク)は、企業、団体、個人の方がフェーズフリー活動へ賛同していることを対外的に表明したいときに使えるマークです。アクションパートナーとして登録されると、名刺やWEBサイト等でのマーク表示が可能です。
詳しくは [フェーズフリーアクションパートナーサイト] をご参照ください。
APマークとCFマークは目的の異なる制度です。このため、使用できる範囲も異なります。
APマークは企業や団体・個人がフェーズフリー活動に賛同することを表明するためのマークで、名刺やWebページ上での表示を想定しています。また、APマークの利用は無料で、基本的にどなたにもご利用いただけます。
一方、CFマークは商品/サービスがフェーズフリー性を有していることを証明するマークです。商品のプロモーションにフェーズフリー性を表示したい場合には、こちらの取得が必要です。取得にはフェーズフリー性の審査が個別に必要で、審査料に加えて毎年の使用料が必要です。
詳しくは [フェーズフリーアクションパートナーサイト][フェーズフリー認証サイト] をご参照ください。
アクションパートナーの登録申請からAPマークの利用に際して、料金は一切かかりません。

フェーズフリー認証について

フェーズフリー認証マーク(CFマーク)は、フェーズフリー協会が、ご申請いただいた商品・サービスについて、確かにフェーズフリー性があると認めた商品である旨を表示する公式のマークです。
商品・サービスのプロモーションにフェーズフリー性を表示したい場合には、必ず取得していただく必要があります。
協会の別制度であるアクションパートナーマークでは、商品への表示は出来ませんのでご注意ください。
詳しくは [フェーズフリー認証サイト] をご参照ください。
CFマークの取得には審査あたり(30,000円+税)×件の審査料と、一年あたりのマーク使用料が必要です。
審査料は認証マーク使用申請後、申請ページに記載されている口座へお振込みください(審査料の振込は申請前でも受け付けております)。
使用料は審査を通過した後、使用料の基礎金額についてお知らせいただき、それをもとに決定した使用料をご連絡いたします。 その際お送りするメールに記載されている口座へお振込みください。
使用料は商品の販売計画に応じて毎年請求させていただきます。
詳しくは [フェーズフリー認証マーク料金規定] をご確認ください。
CFマークには一年ごとの使用料のお支払いが必要です。このため、毎年、使用期間の終了3カ月前より、実績報告および更新要否のご報告をお願いしております。また、審査結果は3年目まで(最大2度の)更新が可能ですが、更新毎に一年分の使用料のお支払いが必要です。